A10ピストンSA

▼概要
  • エーテン・ピストン・エスエー
  • 動画連動可能なピストン式オナホマシン。
  • RENDS(レンズ)社の高級ブランド VORZE(ヴォルツェ)の商品。2018/03/22発売。
  • 正規販売はNLS。以前は常時品切れだったけど2020年現在は割と在庫あり。
  • ホール1個とサンプル動画用QRコード付属。専用無線アダプタは付属せず。
  • Dimension Playerにて連動。PC版あり。アダフェスはピストン用動画を対応済。
  • 最新型の専用無線アダプタで通信は可能。

▼出力制限
  • 2018年。1,100台を完売したころにオーバーヒート状態で停止、その後動作しない報告が複数あり。
  • 修理依頼をすると公式はリミッターを搭載する対応をしました。
  • その後の製品は最初から最大出力が抑えられた状態で販売。
  • 国内の有志CSVは元々、最大速度60あるいは30の認識があったものの、30が共通認識に。
  • 国内有志プレイヤーも+側の調整機能は搭載自粛傾向に。可能ツールでブーストしても上限は規制値以下。
  • この状況が現在も続いてピストンSAは低速機であるとの認識が定着しました。
  • 元々の高速仕様を知っているのは初期の1,100台の所有者のみです。
  • 但し、ピストンSAを評価する際にピストン速度はあまり問題にされておらず、そこまで低速ではありません。
  • RENDS (レンズ) は気持ちいいホールとローションを提供できない問題があります。
  • どの社外ホールが装着可能か、などが焦点になります。

▼ユーザーレビュー
  • でかい。重い。高価。サイクロンSAより騒音大 = ローンチと同等。
  • 引っ掛かるような不快な騒音。 メカ的には悪いものではなく基本的な機能は問題ない。
  • ストローク長8cmあるのに伸びるホール構造でまるでピストン感がない。亀頭責めとかぬるい。
  • ホールは裏返し洗浄出来ない。エア抜き推奨。ヴァージンループは問題なく設置して使える。
  • 純正ホールの入口辺りの首を切ったら100倍良くなった。
  A10PistonUser001.jpg
  • むしろセパレートにするなら↑このパーツとヘッドカバー外したほうが気持ちがいい。
  • 切って短くして反しヒダ切ってヘッドカバー有りが一番安定している。
  A10PistonUser002.jpgA10PistonUser003.jpgA10PistonUser004.jpgA10PistonUser005.jpgA10PistonUser006.jpg

▼社外ホール良い評価 (あくまで参考)



トップページへ



  • 最終更新:2020-12-11 04:01:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード